FDG-PET検査でわかる他の病気


PET検査でわかるその他の病気

アルツハイマー型認知症などの診断

 FDG-PETでは、脳の機能を調べることもできます。 それを応用したのが、アルツハイマー型認知症やてんかんの 検査です。

 脳は活発に活動しているため、ブドウ糖を大量に消費します。 そのため、ブドウ糖に似せた検査薬のFDGを与え、その 取り込み量を撮影することで脳の活動状態も把握できるのです。

 アルツハイマー型認知症では、脳の特定の場所の活動量が低下しブドウ糖の取り込み量も減ります。 PETでは、 そうした場所へのFDGの集まり具合が悪くなっていることが示されます。 初期の段階で発見できるので、早期治療に 役立ちます。

 てんかんの場合は、反対に脳の一部が異常興奮することで発作が起こります。 PETは、活動の目立って活発な場所、 病巣を発見するのに用いられています。 病巣は非発作時には、FDGが集まらない病変として描出されます。

心筋梗塞など心臓の検査にも活用

 心臓は、全身に血液を送り出す、いわば「ポンプ」の働きをしています。 1年365日、24時間無休で働き続けています。  このポンプ機能を支えているのが、心臓の分厚い筋肉(心筋)です。 心筋が緊張、弛緩を繰り返すことで、血液は 頭から手足の先まで滞りなくめぐることができます。

 心筋梗塞など虚血性心疾患といわれる心臓の病気は、この心筋に栄養を送る血管の流れが悪くなり、心筋に十分に 栄養が行き届かなくなって起こります。 この状態が長く続くと、その部分の心筋が死んでしまいます。

 PETではFDGの集まり具合によって、心筋が正常か異常か、異常はあっても心筋がまだ生きているのかなど、その状態 をキャッチすることができます。 そのため、手術をするか、投薬で十分かなど治療方針を決める際にも用いられます。  検査のプロセスや病状によっては健康保険が適応されることもあります。(PETの活用法を参照)

 また、心筋が生きていれば手術による血管の再開通により機能回復が見込めますが、心筋が壊死していれば機能回復 は見込めません。 PETでは事前に心筋の状態の予測ができます。




Copyright© 2007- ogaru.net All Rights Reserved.

トップページ PET検査の仕組み PETでがん検診の仕組み FDG-PETの利点 FDG-PETの弱点 PETの上手な活用法 がん部位別にみたPET有用性 PETでわかる他の病気 PET検査料はなぜ高い PET検査・検診の体験 PET検査・検診Q&A
スポンサードリンク