PET検査・検診Q&A


PET検査・検診のQ&A

PET検診で、がんが発見される割合はどれくらい?

 他の画像検査もあわせたPET検診では、2〜2.5%でがんが発見されています。 そのうちPET検査単独での発見率 は、1.3〜1.5%といわれています。 もちろん、これはがんのない人も含めた数値です。
 がんのある人に限って言えば、その部位、がんのタイプによって違いますが、おおよそ8割はPET検査単独で発見する ことができます。


PET検査を避けたほうがいい人はいますか?

 妊娠の可能性のある人、産後の授乳期の人は避けたほうがいいでしょう。 最近のPET機器であれば問題ありませんが、 糖尿病の人では検査精度が低くなる可能性もあるので、事前に受診する医療機関に相談してみましょう。


PET−CTとPETの違いはなんですか?

 PET-CTは、PETとCTを一体化した機器です。 PETには、臓器や患部の正確な位置を特定するのが難しいという 欠点があり、形態をとらえる機能がすぐれているCT検査を同時に行い、PETとCTの画像を重ね合わせて診断していま した。 しかし、PET-CTならば、1度にPETとCT画像を撮影することが可能です。 そのため、撮影時間が従来の半分 程度に短くなるほか、PET、CT画像を重ね合わせるときの精度も向上します。 こうした理由から、今後PET-CTを 導入する医療機関も増えると予想されます。


PET検診はどこで受けられますか?

 PET検診を行っている医療機関は社団法人日本アイソトープ協会 のホームページを参照してください。 PETを備えていても、なかには健康診断など予防を目的としたPET検診を実施 していない医療機関もあるので、事前に確認してください。


検査結果はどれくらいでわかりますか?

 医療機関によって、また時期によっても異なりますが、PET検査だけであれば2、3日、他の画像検査なども含めた 総合的なPET検診では1週間程度を要します。


PET検診の費用はどれくらいですか?

 予防を目的としたPET検診には、人間ドックなどと同様、健康保険が適応されないため、費用は全額自己負担になります。  その金額は、医療機関が自由に設定できる仕組みです。 そのため、医療機関ごとに、がん検診の費用は多少異なります。
 また、がん検診にもPET検査だけのもの、血液検査などを加えたもの、CT、MRI検査などを盛り込んだものなどいろいろな コースがあり、それによっても費用は変わってきます。 一般的に、PET検査だけで9〜15万円かかると考えておくといい でしょう。 詳しい費用や検診内容は、各医療機関に事前に確認してください。


PET検診の費用は、確定申告で医療費控除の対象になりますか?

 健康保険でPET検査を受けた場合は、医療費控除の対象となりますが、予防(健康診断)を目的としたPET検診の費用 は対象にはなりません。 ただし、例外があって、検診で重大な病気が発見され、その後治療を受けた場合は、検診も治療 の一環とみなされ、その費用は控除の対象になります。




Copyright© 2007- ogaru.net All Rights Reserved.

トップページ PET検査の仕組み PETでがん検診の仕組み FDG-PETの利点 FDG-PETの弱点 PETの上手な活用法 がん部位別にみたPET有用性 PETでわかる他の病気 PET検査料はなぜ高い PET検査・検診の体験 PET検査・検診Q&A
スポンサードリンク